学習コンテンツの提供

オンラインによる学習コンテンツ Version 4 - 2017/9から公開中

これまでの三年間のハンズオンセミナー、実案件への適用結果を踏まえ、最新テクノロジーを追加してアップデートしました。 コンテンツはこちらからどうぞ

オンラインによる学習コンテンツ Version 3 - 2016/2から公開中

IoT自学自習用コンテンツ Internet of Things - IoT Kit ハンズオントレーニング はじめの一歩 モノの接続からデータ分析まで

学習内容

デバイスのおすすめイチ押し:Raspbian/Raspberry PI3+TI Sensor Tag CC2650版

Windows 10 IoT Core for Raspberry Pi2 + FEZ HAT版Rapberry Pi Raspbian、Intel Edison Yocto版も公開中
Microsoft Cognitive ServiceのEmotion API、Functionsを使ったハンズオンも公開中 → こちらからどうぞ Azure IoT Hub Device Twinサンプルもこちらから公開中。

オンラインによる学習コンテンツ Version 2 - 2015/9から公開中

IoT自学自習用コンテンツ Internet of Things - IoT Kit ハンズオントレーニング はじめの一歩 モノの接続からデータ分析まで

学習内容

上記のコンテンツの実習教材は、以下の通りです

Windows 10 IoT Core for Raspberry Pi2を使って実習したい場合は、上記のコンテンツの、準備からStep 3までをWindows 10 IoT Core for Raspberry Pi2版実習資料に記載の内容で、実習を行ってください。

モノが手元にない方は、Windows 7以上のPCで実習いただける、エミュレータ版実習資料に記載の内容で、上記のコンテンツの、準備からStep 3までを置き換えて実習してください。

実習に当たっては、Azure Subscriptionや、Visual Studio、及び、関連するSDKのインストール等の準備が必要です。実習を始める前に、IoTハンズオン事前準備手順書を隅から隅まで読んで、開発環境を整えてから実習を始めてください。

その他関連コンテンツ

ご協力のお願い

皆さまがお持ちのモノを、Windows 10 IoT CoreやPinKitと置き換えて実習できる手順書募集中です。

Version1 - 2014/11-2015/8

学習コンテンツは、Microsoft Virtual Academy から2014年11月か ら順次提供開始。早速はじめましょう。

オンラインコンテンツによる学習コンテンツ

詳細手順書

※現在内容改定中。PinKit対応版、Windows 10 IoT Core対応版、管理編、シナリオ編、など追加予定

他にも

こんなコンテンツもあります、GadgeteerとAzureで作る簡易温度計 Part1GadgeteerとAzureで作る簡易温度計 Part2をお試しください。

Azure IoT 接続編 - Windowsタブレットの加速度センサー計測値をEvent Hubに送信する演習。

Internet of Things植物栽培 - 植物の生育状況を画像記録、生育環境をセンサーで計測・蓄積 - 記録データの活用編を現在準備中

上手く動かない‼

そんな時は、.NET Gadgeteer Tipsを参考にしてみてください。

コントリビューター募集

この一連のトレーニングの、IoT Kitに関する学習部分、mbedやGRさくら、Arduino、LEGO MINDSTORMS、Raspberry PI、T-Kernel、μITron、VxWorksなど別のプラットフォームで学習する場合のコンテンツを作りませんか?

メールによる問合せ iotkithol-jp@microsoft.com


Return to homepage